四☆月読み

アクセスカウンタ

zoom RSS ほかほか蕗ご飯

<<   作成日時 : 2018/07/10 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

坂井希久子 著
ハルキ文庫 2016

久しぶりに本屋を散策していて、読みたいと思いました。
この頃の本は、料理本とか野菜とか農業というものが
自分の中のキーワードとなっている気がする。

この本は帯に重版御礼!の文字が躍っているのと
絶品料理という言葉にひかれました。

家禄を継げない武家の次男、林只次郎が主人公。
鶯を上手に泣くように育てるのが得意で、次男で居候飲みながら
一家を支えているという。

第1話はそんな只次郎が上役から預かった鶯をにがしてしまうところからはじまる。
途方に暮れてくぐった暖簾が「居酒屋ぜんや」で
このお話の舞台になるところ。
只次郎の周囲から人の輪が広がって、
美人女将とおいしい料理に人が集まってくる。

第1話には 
小松菜・春菊・三つ葉の青菜のおひたし
里芋の煮ころばし
根菜と厚揚げの煮物
ねぎま
炊き立てのご飯
お味噌汁に大根の甘酢漬

第2話以降も、普段食べているものを丁寧に作ったものが
いっぱい出てきます。

どれもおいしそうなお話でした。

第1話の逃がした鶯ですが
ほのぼのとした結末により見つかります。

人情話にほっとできます。



 

ほかほか蕗ご飯 居酒屋ぜんや (ハルキ文庫 さ 19-3 時代小説文庫)
角川春樹事務所
坂井希久子


Amazonアソシエイト by ほかほか蕗ご飯 居酒屋ぜんや (ハルキ文庫 さ 19-3 時代小説文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ほかほか蕗ご飯 四☆月読み/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる