四☆月読み

アクセスカウンタ

zoom RSS 俺の妹がこんなに可愛いわけがない

<<   作成日時 : 2013/06/02 10:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

伏見つかさ 著
電撃文庫 2008

本屋さんで購入しました。
文庫って高いと思って最近は購入していますが
本当に高価なものになってきています。

この本を購入しようと思ったきっかけは
ライトノベルという分野の本を読んでみたいと思ったから。
たまたま行った本屋で平積みになっていたのを見て
海外でも注目されていて
アニメ化も盛んな分野の本、ってどんなの?
ということで1冊購入して読んでみることに。

Wikipediaによるライトノベルの説明から
広い意味で
私の読書遍歴はライトノベルに始まっているのか?という
気もしなくもないです。
氷室冴子とか吸血鬼ハンターDとか
その手の本はラノベ(ライトノベルズの略)分野に入るらしい。

まあ、基本は読みたい本を読むなので、このブログの過去を追ってもらうと
全く趣味のわからない乱読ぶりがわかるような選書が浮き彫りになり
わかっていただけるのでは。

さて、そんなこんなで、選んだ本がタイトルの本というわけですが
1冊読んで正直疲れました。
私は若くないんだ、と本当に実感してしまうような感じです。
口語体の文章が読みにくいのです。
若かったころは、読みやすい!と思っていたのにです。
文体になれるまでに、本の70%くらい読み進めてやっとという感じです。
そして、よくよく考えたら
本の厚みの割に
ストーリーが進んでいないのです。
あまり疲れると2,3行読み飛ばしても
全然読めてしまう。
まあ、なんとなく、いかんじゃん!と結局読み直して進むのですが。

そんな悪戦苦闘で読みました。

お話はというと
お兄ちゃんが、ちょっと、扱いに困っている
今どきの妹の人生相談にのるところからはじまる。
今どきの妹の設定がすごくて
読者モデルをしていて、頭脳明晰、運動神経抜群
そして、読者モデルのお金でおこづかいたっぷりの生活を送っている。
なんて、うらやましい中学生なんですが
その人生相談が面白い設定で。
オタク趣味で趣味を共有できる友達が欲しい。というもの。
お兄ちゃんがいい人で。
シリーズのHPはコチラ

お兄ちゃんのために続きを読むか、現在悩んでいる。
なにせ、このシリーズ現在、11巻まで出ているのです。
ひとまず、ライトノベルコーナーに私がたって真剣に本を見ているのも
若い人に申し訳ないかなって(笑)

ちなみに私の買った本2013年3月33版でした。

そして、検索でこのような記事を見つけました。
この本に興味を持たれた方は是非、見てみてください。
続刊のお知らせです



俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
伏見 つかさ


Amazonアソシエイト by 俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 四☆月読み/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる