星空ロック

那須田 淳 著
ポプラ文庫ピュアフル 2016

舞台化決定の文庫の帯を見て
購入しました。

出版されている文庫からYA分野の本だと思ったのですが
そのとおり。
著者は、YAや児童文学の分野で活躍されているようです。
すいません。初めて知りました。

主人公は14歳。
そして舞台はドイツ。

ひと夏の思い出。
主人公レオがギターを教えてもらった70歳の大家さん
ケチなケチルさんの若き日の思い出をたどるところで
話が展開されているのですが
ロック中心のレオと出会ったのは
全く反対の分野
クラッシックをこよなく愛すユリアン。
ドイツの離婚率が高いらしく
ユリアンは親が再婚して同級生が妹となった
という大変複雑な家庭環境。

そんな中で
ロックがゆったりと流れながら
話は進んでいきます。

著者が住んでいるドイツの街の風景が
ところどころに描写されていくのですが
現地を知らないので
創造の空間になってしまいます。

ちょっと硬質な風景なのですが
あっているのか心配。

クスッと笑えるところもある
さわやかな、ひと夏です。


(P[な]4-1)星空ロック (ポプラ文庫ピュアフル)
ポプラ社
2016-07-05
那須田 淳


Amazonアソシエイト by (P[な]4-1)星空ロック (ポプラ文庫ピュアフル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック